Windows8.1 システムイメージの作成と復元

スポンサードリンク




Windows8.1にアップデートされてからシステムイメージの作成画面と
復元が若干変更になっていますので変更点を説明します。

システムイメージの作成画面までがシンプルになった

Windows8のシステムイメージの作成は名称が
Windows 7 のファイルの回復」となっており、直感的ではありませんでした。

Win8.1SI (3)
「Windows 7 のファイルの回復」→「
システムイメージの作成」と
クリックしてようやくシステムイメージの作成画面になっていました。

 

Windows8.1では「システム イメージ バックアップ」に変更されています。

Win8.1SI (4)
場所は「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→
「ファイル履歴」とクリックして左下にあります。

 

Win8.1SI (5)
システム イメージ バックアップをクリックすると即座に作成画面が現れます。
これ以降はWindows8と同様な手順で作成が行えます。

Windows8のシステムイメージ作成の記事はこちら→Windows8 システムイメージの作成

 

復元の変更点

Windows8まではシステム修復ディスクの作成が出来ましたが
Windows8.1では光学ディスクの修復ディスクの作成はできなくなりました。

DVD再生機能が省かれたのと同様に光学ディスクから
USBメモリなどのメディアに移行が進んでいます。

もっとも、最近はタブレットに代表されるように光学ドライブ非搭載の
ハードも増えてきましたので当然の流れと言えるでしょう。

尚、DVDのインストールメディアがあれば
光学ドライブからの復元も可能となっています。

 

システム修復ディスクから回復ドライブへ

Windows8.1ではシステム修復ディスクの作成が出来なくなりましたので
USBメモリを使用して回復ドライブを作成する必要があります。

回復ドライブの作り方

回復ドライブを作るには容量が512MB以上のUSBメモリが必要です。

recover (2)
コントロールパネル」→「ファイル履歴」→「回復」とクリックします。

 

recover (3)
高度な回復ツールが開いたら「回復ドライブの作成」をクリックします。

 

recover (5)
「次へ」をクリックします。

 

recover (6)
ここで使用できるUSBメモリの条件が表示されます。
USBメモリのドライブレターをクリックすると
選択されますので「次へ」をクリックします。

 

recover (7)
「作成」をクリックすると回復ドライブが作成されます。

 

回復ドライブでの復元方法

回復ドライブから起動できるように起動順位を変更してから
PCの電源を入れるとWindows8と同様なツールが起動します。2_1600

起動以降はWindows8の復元と同様の手順で復元できます。

Windows8の復元手順の記事はこちら→Windows8 システムイメージからの復元

 

システムイメージ関連記事

システムイメージの作成→Windows8 システムイメージの作成

システムイメージの中身を確認→Windows8.1 システムイメージの中身を確認する方法

 




スポンサードリンク