iTunes11 使い方 CDインポート

スポンサードリンク




iTunes11へCDをインポートする方法です。

iTunesでCDの情報などを取得したい場合はPCがインターネットに接続されている必要があります。

CDをPCに入れるとデータベースにデータがある場合はCDの情報が表示されます。
(データがない場合は「トラック1」といった感じで表示されます)

import (2)
インストール直後にCDを挿入した場合はライブラリーにインポートするか聞いてきます。
初回は設定する項目がありますので「いいえ」をクリックします。
※毎回聞かれたくない場合は「次回から確認しない」にチェックを入れてください

CDを聴くだけの場合も「いいえ」をクリックします。

では、インポートしてみましょう

import (5)
右上の「CDをインポート」をクリックするとインポート設定ダイアログが開きます。
インポート設定で変換される形式を選択します。

iTunesではAACがデフォルト(標準)ですがMP3しか再生できないプレーヤーでは
再生できないファイルとなります。

iTunes以外でも使う予定があるのであればMP3に変換しておけば変換の手間が省けます。

今回はMP3ファイルに変換する設定でインポートを行います。

 

import (7)
インポートが終了すると緑のチェックマークが付きます。

 

import (8)
最近追加した項目をクリックするとiTunes内にインポートできたのが確認できます。

 

import (9)
表示をグリッドに変更してみるとアートワークがない事が確認できます。

アートワークの追加はこちらの記事で説明します。→ iTunes11 使い方 アートワーク

 

iTunes関連記事

  1. iTunes11 ダウンロード インストール
  2. iTunes11 使い方 アートワーク
  3. iTunes11 使い方 プレイリスト作成




スポンサードリンク

コメントを残す