Windows8.1 の発売日とアップデートは10月18日

スポンサードリンク




良い評判を聞かないWindows8ですが、スタートボタンなどを追加して
使い勝手を向上させたWindows8.1にアップデートされます。

発売日は2013年10月18日です。

また、Windows8のPCにもストア経由で10月18日に無料で提供される予定です。

今回発売されるのはパッケージ版とDSP版です。

 

パッケージ版
個人ユーザー 家庭、仕事用 8.1から8.1Proへ
アップグレード

【送料無料】【10/18発売予定】 Microsoft Windows 8.1 日本語版 価格:14,480円(税込、送料込)

【送料無料】【10/18発売予定】 Microsoft Windows 8.1 Pro 日本語版 価格:26,980円(税込、送料込)

【送料無料】【10/18発売予定】 Microsoft Windows 8.1 ProPack 日本語版 価格:13,380円(税込、送料込)
一般ユーザー向け 最上位エディション
家庭にも仕事にも
8.1をProへアップグレード
Mediacenterも付属

 

 

DSP版
【送料無料】【10/18発売予定】 Microsoft DSP版 Windows 8.1 32bit (日本語版/新規インストール用) 価格:13,800円(税込、送料込) 【送料無料】【10/18発売予定】 Microsoft DSP版 Windows 8.1 64bit (日本語版/新規インストール用) 価格:13,800円(税込、送料込) 【送料無料】【10/18発売予定】 Microsoft DSP版 Windows 8.1 Pro 32bit (日本語版/新規インストール用) 価格:19,800円(税込、送料込) 【送料無料】【10/18発売予定】 Microsoft DSP版 Windows 8.1 Pro 64bit (日本語版/新規インストール用) 価格:19,800円(税込、送料込)

 

 

どれを買えばいいの?

パッケージ版とDSP版の違いは以下の通りです。

アップグレード
インストール
クリーン
インストール
新規
インストール
32/64ビット
ディスク
マイクロソフト
無償サポートの有無
パッケージ版 同梱 有り
DSP版 × × 別製品 無し

アップグレードインストールとクリーンインストールは
Windowsが起動中にディスクを挿入してインストールプログラムを
起動させる事ができます。

新規インストールはインストールディスクから起動させてインストールを行います。

全てのインストールオプションと32/64ビット両方のディスクが
必要ならパッケージ版を購入すればOKです。

インストールは毎回新規インストールで行い、ビットの変更が
必要ないならDSP版でOKと言う事になります。

自分も色んな形態(パッケージ版、アップグレード版、DSP版)のOSを
購入してきましたが結局は毎回新規インストールですし、ビットの変更も
行った事がありませんので今買うなら単独購入が可能になったDSP版を購入します。

 

 

Windows8へのアップデートはいつ?

Windows8のPCにもストア経由で10月18日に無料で提供される予定です。

ストアを利用するにはMicrosoftアカウントが必要となりますので
取得されていない方は準備しておいた方が良いでしょう。

Microsoftアカウントの取得はこちらからどうぞ
http://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/signup/default.aspx

 

アップデートが公開されました

早速アップデートしてみました。

Windows8.1 アップデート してみた

これから色々いじってみます。

 




スポンサードリンク

2013年10月7日 Windows8.1 の発売日とアップデートは10月18日 はコメントを受け付けていません。 Windows8.1