Windows8.1 で使えるメールアドレス取得方法

スポンサードリンク




PC用のメールアドレスは登録さえすれば無料で何個でも作る事ができます。

そこで、Windows8、8.1のメールアプリに使えるおすすめの
メールアドレス取得方法を説明します。

おすすめのメールサービスは?

メールを送受信するにはメールサーバーとやりとりする必要がありますが
一般的にIMAPとPOP3と言う方式で送受信を行います。

Windows8、8.1のメールアプリで使用するにはIMAPに対応している必要があります。

IMAP対応でお勧めの無料メールサービスは、「Outlook.com」、「Gmail」、「Yahooメール」です。

mail

これらのメールサービスはスマホでも送受信できますので便利に使えると思います。

 

mail (2)Outlook.com

Outlook.comはMicrosoftが提供している無料メールサービスです。

Outlook.comでメールアドレスを作るにはMicrosoftアカウントが必要になります。

Microsoftアカウントは既に持っているメールアドレスでも登録できますが
メールアドレスを新たに作成したい場合はOutlook.comで作成する事になります。

Microsoftアカウントを作成する

Outlook.comでメールアドレスを作るには、Microsoftアカウントを登録する必要があります。

最初に、Outlook.com ログインページにアクセスします。

mail (5)

「Microsoftアカウントをお持ちでない場合 新規作成」をクリックします。

 

mail (7)

上から順に入力していきます。

この画面でMicrosoftアカウントを登録する場合はOutlook.comで取得した
メールアドレスがアカウント名になります。

Outlook.comでメールアドレスを登録する場合はドメインを選ぶ事が出来ますが
これはどれが良いと言う事はありませんのでお好みで選んでください。

入力項目を全て入力するとMicrosoftアカウントの登録とメールアドレスが取得できます。

Outlook.comは1つのアカウントに複数のメールアドレスを持つ事も可能です。

設定でPOPメールも受信できる

以前から使用しているプロバイダーのメールなどでPOPにしか対応していない
メールを受信できるように設定できますのでOutlook.com1つだけで全てのメールを
受信できるようになります。

SkyDrive、Officeなども使える

Microsoftアカウントを取得するとオンラインストレージのSkyDriveを使用したり、
OfficeがインストールされていないPCでWordやエクセル、パワーポイントなどの
ファイルを閲覧したり編集する事ができます。

Windowsパソコンを利用している場合は是非押さえておきたいサービスです。

 

mail (1)Gmail

GmailはGoogleが提供している無料メールサービスです。

Gmailを利用するにはGoogleアカウントが必要です。

Gmailでメールアドレスを取得する

まずはGmailのページにアクセスします。

mail (4)

「アカウントを作成」をクリックします。

 

mail (6)

Googleアカウントの登録ページに移動しますので上から順に入力していきます。

 

mail (10)

下の方にある「ロボットによる登録でないことを証明」という所で
うまく読み取れない場合は入力窓の隣の再読み込みマークを
クリックすると文字が変わります。

読みやすい文字が出るまで再読み込みを行えば良いでしょう。

設定でPOPメールも受信できる

以前から使用しているプロバイダーのメールなどでPOPにしか対応していない
メールを受信できるように設定できますのでGmail1つだけで全てのメールを
受信できるようになります。

 

Googleアカウントを活用しよう

Gmailを登録するともれなくGoogleアカウントに登録されます。

Microsoftアカウントと同様にオンラインストレージのGoogleドライブを使用したり
Web上のOfficeファイルの作成、閲覧なども出来ます。

スマホやタブレットの連携を考えるとGoogleアカウントも是非取得しておきましょう。

 

mail (3)Yahooメール

YahooメールはYahoo JAPANが提供しているメールサービスです。

YahooメールはYahoo JAPANのIDの登録が必要です。

Yahooメールでアドレスを取得する。

まずは、Yahooメールのページにアクセスします。

mail (8)

「今すぐメールアドレスを取得する」をクリックします。

 

mail (9)

登録ページが開くので必要事項を入力するとメールアドレスが取得できます。

 

まとめ

Windows8、8.1と使用するならMicrosoftアカウントは必須です。

スマホやタブレットとの連携を考慮するとGoogleアカウントも
取得しておいた方が良いでしょう。

YahooメールはオークションなどでYahoo IDをすでに活用している場合は
良いですがMicrosoftアカウントやGoogleアカウントと比較するとメール以外の
サービスが少な目となります。

パスワードの管理はこちらのソフトがおすすめです。

パスワードを生成できるフリーソフト ID Manager

 




スポンサードリンク