windows8.1 メールのショートカットを作る方法

スポンサードリンク




Windows8.1のメールのショートカットを作る方法を説明します。

Windows8.1ではスタート画面とデスクトップがありますが「ショートカット」と言うのは
デスクトップの時の呼称で、スタート画面の場合は「ピン留め」という呼称になります。

スタート画面の場合

スタート画面にメールのショートカット(ピン留め)が無い場合は全てのアプリを
表示させる必要があります。

mailshort (1)
スタート画面の左下にある矢印をクリックします。

 

mailshort (2)
ショートカット(ピン留め)を作りたいアプリを右クリックすると下側にメニューが表示されますので
「スタート画面にピン留めする」をクリックするとスタート画面にアイコンが表示されます。

 

mailshort (4)
表示されました。

今回はWindows liveメールで説明していますがスタート画面にショートカットを
追加したい場合は同様の手順で追加する事ができます。

また、以前は表示されていたアイコンが無くなった場合、アンインストールしていない場合は
すべてのアプリにアイコンがあるはずのですの同様にスタート画面にピン留めを行えば
アイコンが復活します。

 

デスクトップの場合

デスクトップにショートカットを作成できるのはインストールしたソフトのみとなります。

mailshort (3)
スタート画面からすべてのアプリを表示させてショートカットを作成したいソフトの
アイコンを右クリックすると下側にメニューが表示されます。

「ファイルの場所を開く」をクリックします。

 

mailshort (5)
画面がデスクトップに切り替わりファイルの場所が開きます。

ショートカットを作成したいソフトのアイコンを右クリックして「送る」→
「デスクトップ(ショートカットの作成)」をクリックするとデスクトップに
ショートカットが作成されます。

 

mailshort (6)
作成されました。

 

注意点

Windows8.1に標準のアプリのショートカットは作成する事はできません。

 

ClassicShellを使う

ClassicShellを使うとデスクトップから直接メールアプリを開く事ができます。

mailshort (7)
この様にスタートボタンにメールアプリが表示されます。

 

CiassicShellのインストールや使い方についてはこちらの記事を参考にして下さい。
Windows8.1 のスタートボタンにメニューを表示させる Classic Shell

 




スポンサードリンク