Windows Essentials 2012 ダウンロード

スポンサードリンク




Windows Essentials 2012 はMicrosoftが提供する無料ソフトです。

Windows7やWindows8にMessenger、フォトギャラリー、ムービーメーカー、
メール、Writer、SkyDriveなどをインストールできる統合パックです。

1

ダウンロードはこちら 
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-live/essentials-home

ダウンロードが済んだら早速インストールしてみましょう。

 


インストール

ダウンロードしたインストーラーをクリックするとダイアログがでますので
インストールするプログラムを選択します。

 

4
詳しくは後で述べますが今回はMessengerをインストールしないので
「インストールする製品の選択」をクリックします。

 

5
インストールするプログラムにチェックを入れます。

選択できるプログラムについて簡単に説明します。

 

Microsoft SkyDrive

SkyDriveはMicrosoftアカウントを取得すれば利用できるクラウドストレージです。

無料で5GBまで利用できるので利用しない理由は無いと思います。

このソフトをインストールするとPCにフォルダが作成されて自動的に
webフォルダと同期されます。

SD1

 

Messenger

メッセンジャーは音声チャットやビデオチャットがができる無料ソフトです。

最新情報ではSkypeに更新されるようです。
インストールしない方が良いでしょう。

7
http://windows.microsoft.com/ja-JP/messenger/home

 

メール

Windows7にはメールソフトがインストールされていません。

Windows8にはメールのアプリがありますがそちらでは添付ファイルを付けたり
メールをオフラインで読むことができません。

よって、オフラインで使用する場合や添付ファイルを付けたい場合は
インストールする必要があります。

また、Microsoftアカウントを取得しているとカレンダーの同期などにも使えます。

M1

アカウント設定の記事をUPしましたWindows Live メール 2012 設定 アカウント

 

フォトギャラリー

フォトギャラリーはPC内の画像ファイルの整理、編集などが出来るソフトです。
スライドショーなどもできます。

FG1

 

ムービーメーカー

ムービーメーカーは写真や動画などに文字や効果を追加してムービーを編集できるソフトです。
結構凝ったムービーを作る事ができます。

MM1

 

Writer

Writerはブログを投稿するソフトです。

このブログもWriterで投稿しています。

W1

 

以上のソフトがインストールできますので必要だと思うソフトにチェックを入れてインストールして下さい。

5

 

今後は各ソフトの使い方を説明していく予定です。




スポンサードリンク

コメントを残す