iPhone5S 一括0円でMNPしてみた

スポンサードリンク




docomo、au、SoftBank各社の学割が出揃ったので進学する家族と共にMNPで
iPhone5Sを手に入れようと考えていました。

iphone5s

iPhone5cでは一括0円+キャッシュバックの案件は結構前からありましたが
最近はiPhone5Sにも一括0円+キャッシュバック付き案件を目にするようになってきました。

キャッシュバックは、台数が多い方が金額も高くなるので今回は3台まとめてMNPしようと
計画を立てました。

一括0円と実質0円の違い

電話を購入するには機種代金が必要です。
例えばauとSoftBankのiPhone5Sの16GBなら68,040円です。

一括払いで購入するなら68,040円を払うという事になりますが、通常は割引契約期間である
2年間(24回)の分割払いを勧められると思います。

理由は各社ともパケット定額の契約を条件に2年間、機種代金分の金額をサポートする制度が
あるからです。 (docomo:月々サポート、au:毎月割、SoftBank:月月割)

サポートされる金額はMNP/新規契約と機種変更では異なりますが、MNP/新規契約の方が
優遇されています。

特に、MNP/新規契約の場合のサポート額は分割払いの金額と同じ額に設定されている場合が
多いので実質0円という事になっています。

jisitu

 

それに対して一括0円とは機種代金自体が0円なので払う必要がありません。

実際は0円という事ではなく、値引きになりますので一括払いで購入したのと同じ状態になります。

 

一括払いで購入してもパケット定額を契約すると2年間金額サポートが受けられますので
毎月の支払金額は、分割払いで購入した時と比較して機種代金分の金額が安くなります。

 

以下にiPhone5Sの16GBを実質0円と一括0円で比較をしてみます。

実質0円 一括0円
基本料金 980 980
ネット基本料金 315 315
パケット定額 5460 5460
分割代金 2835
月々サポート -2835 -2835
合計 6755 3920

一括0円だと毎月の支払いが2,835円も安くなります。

よって、一括0円で購入できれば毎月の支払額が大幅に安くなると言う事になります。

 

MNPで購入するには予約番号を発行してもらう

MNPで購入するためにはMNP予約番号が必要なので移転元のキャリアに連絡をする必要があります。

今回はdocomoとauからSoftBankに移動しました。

パソコンや携帯から出来る場合もありますが今回はできませんでしたので
電話をかけて番号を発行してもらいました。

 

docomo

何事もなく5分程度で発行してもらいました。

 

au

auは結構時間が掛かりました。
電話を掛けてMNP番号の発行をお願いしたところ
「説明に時間がかかりますのでお時間は大丈夫でしょうか」と最初に言われました。

 

どこに「MNPするのか」とか「何が不満なのか」的な質問をされて引き留められました。
それでもMNPすると言うと、長期契約回線なので機種変更に使えるポイントをくれるとのこと。

 

ネットで噂は聞いていましたが本当にくれるんだ~と感動してしまいました。

 

機種変更してもMNPのコストパフォーマンスに敵うはずもありませんので丁重にお断りをして
MNP予約番号を発行してもらいました。

 

auからMNPする場合はポイントで買い物をしよう

MNPは移動元から見ると解約となりますので持っているポイントが消滅してしまいます。

docomoやSoftBankはサイト内のグッツなどにしか変えられませんがauの場合は「auショッピングモール」で
ポイントを使う事ができますのでポイントを残さないようにしましょう。

au_shopping

auショッピングモールの場合、決められた商品だけではなく、好きな商品の購入に使用できます。

ちなみに、今回は解約前に気が付いたので有意義にポイントを使う事ができました。

 

で、月額料金は?

準備が整ったのでSoftBankのiPhone5Sを契約しました。

iphone5s

今回は家族に学生がいるので「ホワイト学割 with 家族 2014」で契約です。

また、契約には以下の条件が提示されていました。

  • MNP限定
  • クレジットカード支払い
  • パケットし放題フラット限定(5200)
  • 基本パック(500)
  • あんしん保証パックプラス(650)
  • Wホワイト(934)
  • スマホとくするパック(500)

この条件を受け入れるとiPhone5Sが一括0円で手に入ってキャッシュバックがもらえるのです。

自分が購入した店は後日(3~4ヶ月)、商品券が送られてくるそうですが送られて来るまでは
上の条件を継続してほしいとの事でした。

オプションあり オプションなし
ホワイトプラン 0 0
S!ベーシック 315 315
パケットし放題フラット 5460 5460
機種代金 0 0
Wホワイト 980 0
スマホとくするパック 525 0
iPhone基本パック 525 0
あんしん保証パックプラス 682 0
月々サポート -2835 -2835
合計 5652 2940

商品券が送られて来るまでは5,652円(消費税5%)です。
商品券を受け取ってから必要ないオプションを解約すると2,940円で維持する事ができます。

 

スマート値引き

今回、SoftBankにした理由の1つに「スマート値引き」というサービスがあります。

サイトが無いのでPDFのリンクを貼っておきます。

簡単に説明するとYahooBBを契約しているとパケットし放題から
1,480円値引きをしてくれるサービスです。

値引きしてもらえる条件がすごーく分かり辛いです。(ADSLのYahooBBなら確実に対象となります。)

光でYahooBBを契約している場合は月額が必要なオプションを契約しないと値引きになりませんので
あまり恩恵はないと思われます。

また、auのスマートバリューもそうですがこれらの値引きを適用する場合はパケットし放題の金額が
500円上がりますので実際の値引き額は980円となりますので注意が必要です。

LTE

パケットし放題は通常、iPhone契約時に2年間の定額プログラムに加入しています。

スマート値引きの適用時は定額プログラムが適用になりませんので500円上がるという訳です。

本当にややこしいですね。最初から980円引きと言えば良いような気がしますね。

 

結果

スマート値引きの申し込みも済みましたので最終的には2,940円から980円の値引きとなりますので
最終的には2年間は1,960円で維持できると言う事になりそうです。

 

MNPに掛かった費用

MNPは費用が掛かります。

転出元に2,100円の費用と転入先に3,150円の費用が掛かります。

また、2年契約で基本料を割引している場合は更新月以外で解約すると解除料が掛かります。

今回掛かった費用は以下の通りです。

MNP転出手数料(2台分)    6,300円
契約解除料(2台分)    6,300円
MNP新規契約手数料(3台分)    9,450円
計    22,050円

今回は契約解除料が長期契約のために1台あたり3,150円で済みましたが
通常は9,975円の台数分が必要です。

また、3台目は解除する契約がありませんでした。(2in1を使用)

 

こうして計算するとかなり費用が掛かりますのでキャッシュバックが高額なのもうなずけますね。

 

何はともかく、初iPhoneです。楽しみです。




スポンサードリンク